マレーシア留学

マレーシアの学生ビザ情報を留学経験者が徹底解説【取得方法から更新費用まで】

マレーシアの学生ビザ情報を留学経験者が徹底解説【取得方法から更新費用まで】

結論からお伝えしますと、マレーシア留学の学生ビザは1年目の学科の評定とクラスの出席率が最も重要となります。

そのどちらか1つでも欠けてしまうとビザが6ヶ月や3ヶ月、最悪のケースではビザ更新不可なども過去の事例としてありました。

そうならないために自らの留学経験を生かした留学サポート記事となります。

今回はこの学生ビザに焦点を当てて、学生ビザの基本情報・ビザ取得の手順、費用、そして2年目以降の更新方法などを紹介します。

学生ビザの基本情報

マレーシアの学生ビザ情報を留学経験者が徹底解説【取得方法から更新費用まで】

学生ビザの有効期限は基本的に1年なので、毎年取得/更新から1年後に再度更新する必要があります。

”基本的に”とつけたのは、実は学生ビザは1年間のものだけでなく、有効期限が3ヶ月・6ヶ月のものも存在しているからです。

このような1年未満の学生ビザは、語学学校で1ヶ月や4ヶ月のコースを受講する生徒の方たちに発行されます。

しかし、大学への入学者は基本的に1年以上の滞在を想定しているので、入学コースや学部に関わらず1年ビザが発行されます。

また、マレーシアの学生ビザが発行されたからと言って、どこかの出入国に制限がかかるなどの問題もありません。

これまで通り、日本のパスポートの条件のまま、さらにマレーシアに学生として1年間滞在する権利を付与された状態となるので、様々な国に旅行できます。

ただし、一つ気をつけて欲しいのが、学生ビザを更新する際に大学にパスポートを提出しなければなりません。

しかし、手元に返ってくるまで2週間〜1ヶ月程度必要です。

その間は海外への出入国は出来ませんので、うっかりその期間に飛行機の予約などをしないよう気をつけましょう。

マレーシアの学生ビザは更新が厳しい?

マレーシアの学生ビザ情報を留学経験者が徹底解説【取得方法から更新費用まで】

マレーシアのHELP大学では学生がVISA更新を出来ないという理由から自主退学をしなければならないケースがあります。

具体的に大きく分けると以下2つの要因があります。

  1. 学科授業の出席率が低い学生
  2. 大学の成績が悪い学生

それでは詳しくみていきましょう。

①学科授業の出席率が低い学生

EMGS(マレーシア、イミグレーション)機関は、ビザ更新の際に授業の出席率が80%以下の学生に対しては、翌年のビザの発行を3ヶ月や6ヶ月間などの短期期間に変更されてしまいます。

こちらの基準は大学や学科の教授によっても異なります。

attendantsシート(出席薄)を1人ずつ確認をとる教授や、attendantsシートを取らずに全員出席にする教授もいるので注意が必要です。

もちろん全ての学科に出席をしないといけませんが、特にattendantsシートを取る学科については絶対に出席をしないといけません。

②大学の成績が悪い学生

大学のCGPA2.0(GPA)以下の学生は、2年目の学生ビザを3ヶ月や6ヶ月またはビザ更新が出来無いケースがあります

こちらを簡単に説明をすると、評定5段階の2を下回るとダメということです。

このように説明すると非常に簡単に感じてしまうのですが、これは日本人留学生の1年目の評定が重要だということを認識しなければいけません。

1年目は基礎知識のないビジネス学科を英語で学ぶため、勉強についていけない日本人学生が多い印象です。(私も1年目は全くついていけず、半分近く学科を落としてしまいました)

学科内容は幅広く、日本の簿記3級レベルからマーケーティングとマネジメント学科では数多くのビジネスセオリー(ビジネスの基礎となる理論)を覚えなければなりません。

1年目に学科を落としてしまう理由として、以下2つがあげられます。

  1. 内容の難しさ
  2. 膨大な暗記量

この2つ大きな要因から単位を落としてしまい、自主退学をする学生も少なくありません。

ビザ更新では大学の成績と出席率が重要

MY留学のサポートとしては、最初の1年目は簡単な学科を中心に暗記教科など深い理解の必要ない教科をバランスよく取得していくようアドバイスをしています。

このように、マレーシアビザ更新は1年目の成績が最も重要となるため、私たちMY留学スタッフの経験を活かし、専攻学部ごとに難しい学科と簡単な学科についてお伝えします。

マレーシア留学において最重要といっても過言じゃない1年目の学科については、MY留学がオススメする学科を無理なく受講することをオススメしています。

それにより、2年目以降のビザ更新を問題なく行えるようにサポートしていきます。

例えば、1学期に3教科を受講し2つ学科を2.5取得もう1つの学科を落とししまった場合の評定は2.5+2.5+0/3=1.66となり2年目のvisaの更新に影響が出ます。

マレーシア留学1年目の学生ビザ取得方法と費用は?

マレーシアの学生ビザ情報を留学経験者が徹底解説【取得方法から更新費用まで】

1年目のビザ更新は現地到着後、大学に指定された病院にて血液検査や身体測定を行い、その後大学のISD(外国人担当部署)にパスポートを提出するのみです。

なので、1年目のビザの取得方法は簡単ですね。

ちなみに、マレーシア留学1年目のビザ費用は入学金の一部に含まれています。

入学金は10549rm(約28万円)となり、こちらには入学金と1年目のVISA費用も含まれているんですね。

1年目Visa費用の内訳はこちらになります。

  • Application Fee(申請費用) 1000rm=30000円
  • EMGS  Visa Processing Fee(EMGS手続き費用) 1060rm=30000円
  • EMGS  Medical Screening Fee(健康診断費用) 250rm=7000円
  • EMGS  Medical Insurance Fee(保険カード費用)400rm=11000円
  • 合計1年目Visa費用は 1710rm=約50000円
例えば、私が留学生の当時では提出後3ヶ月間はパスポートが帰ってきませんでしたが、現在では提出後1週間〜1ヶ月程度で戻ってきます。

2年目以降の学生ビザ更新費用は?

マレーシアの学生ビザ情報を留学経験者が徹底解説【取得方法から更新費用まで】

2年目以降のビザ更新費用はこちら。

  • Student Pass Renewal Fee(ビザ更新の更新費用) 100rm=3000円
  • EMGS  Visa Processing Fee(EMGSの更新費用) 149rm=4500円
  • iCard Fee (身分証明書カード費用) 400rm=11000円
  • Immigration Fee(イミグレーション費用) 60rm=1600円
  • Depending on Country 0rm(国別費用)=日本人は無料
  • 合計2年目Visa更新費用は 709rm=19000円

こちらの費用は更新時に支払いが必要となります。

3年目の費用も同じとなりますので、VISA更新費用についてはそれほど高価な物ではありません。

しかし、2年目の初めてのビザ更新は戸惑いも多いと思いますので、その際にはもう一度この記事をご確認していただければ問題ありません。

ちなみに、大学のISD(留学生担当部長)より電話でVISAの有効期限2ヶ月程前に更新の準備を始めるためのリマインド(連絡)が来るので安心です。

しかし、携帯の連絡先が変わっている場合などは大学側も連絡が出来ないため、自分自身でもVisaの有効期限についてはしっかりと把握しておきましょう。

2年目以降の学生ビザ更新に必要なものは?

マレーシアの学生ビザ情報を留学経験者が徹底解説【取得方法から更新費用まで】

2年目以降の学生ビザ更新に必要なものは以下です。

  • パスポート(全てのページコピー)
  • パスポート(原本)
  • ビザ更新申請書
  • 小切手(ビザ更新費用)
  • 写真(4.5×3.5)

こちら全ての必要リストを準備を行い、ISD(留学生担当部署)へ提出します。

書類提出後はアプリ上にて自分のビザ更新の最新情報を確認する事が可能なため、毎日確認しましょう。

例えば、大学に書類とパスポートを提出したにも関わらず、情報が更新されないため確認が必要です。

マレーシアの学生ビザ情報まとめ

マレーシアの学生ビザ情報まとめマレーシアの学生ビザ情報まとめ

マレーシア留学の際にはしっかりと2年目以降の自分のビザ更新に影響が出ないように、どのように勉強に取り組むのかをしっかりと準備をしましょう!

最後におさらいになりますが、マレーシア留学ビザ更新のために抑えるべきポイントは以下3つです。

  1. 費用
  2. 出席率と評定
  3. ビザ更新方法

この3点をしっかりと認識することでマレーシア留学をより充実させたものにしましょう。

【無料相談】マレーシア留学に関するご質問はMY留学へ
【無料相談】マレーシア留学に関するご質問はMY留学へ
お問合わせ内容の例
  • マレーシアの大学への進学を考えてる
  • マレーシアに語学留学を考えてる
  • 海外留学したいけど、何を基準に選べばいいか分からない
  • マレーシア留学の経験者に話を聞きたい

こういった質問・相談等がございましたら、以下の相談フォームからお願いいたします。

通常、1回2万円の相談料を頂いてるのですが、初回に限り相談料は無料で対応させて頂いております。

マレーシア留学エージェントの多くは、大学紹介の仲介業として運営されてるため、実際にマレーシアの大学を卒業した人はほとんどいません。

あくまで仲介業なので、運営側がマレーシアの大学を卒業してる必要はありませんが、私たち自身が学生の頃に「実際に留学を経験した人から話が聞きたい」と強く感じていました。

MY留学はマレーシアのHELP大学を卒業した2名で運営してますので、ネットでは出てこない実体験に基づいたアドバイスが強みです。

しかし、少人数での運営のため大手エージェントのように、資本力を使った戦い方はできません。

ですので、私たちは本気でマレーシア留学を検討されてる方に向けて、少人数で徹底的にサポートしていくことを選びました。

初回相談は無料ですが、2回目以降は相談回数は無制限で2万円を頂いております。

しかし、MY留学経由で入学が決まれば2万円キャッシュバックさせて頂きます。

ですから、実際にMY留学にエージェントを依頼する場合は実質無料で何度でも相談できるという仕組みです。

また、通常のエージェントですと、エージェント費用に10万円〜40万円かかります。

そんな中、私たちMY留学がエージェント費用を無料にしてるのは「まずは私たちに相談して欲しい」という願いからです。

私たち自身、マレーシア留学エージェントを通して留学したのですが、実際のサポートに満足することは出来ませんでした。

だからこそ、私たちが培ってきた経験を惜しみなく未来の後輩たちに伝えていきたいと思い、留学生からは一切お金を受け取らず、学校側からのみの成果報酬で運営させて頂いてます。

  1. 実際に現地大学を卒業したからこそ分かるリアルな情報
  2. マレーシア留学エージェントを利用したからこそ分かる実情
  3. 普段は会社員なのでエージェント費用を無料にしても成立する
  4. ボランティアでやってるわけではなく、学校側から成果報酬で運営費用を頂いてる

上記の理由から、エージェント費を無料で運営させて頂いてます。

他のマレーシア留学エージェントで相談する前に、ぜひMY留学に相談してください。

卒業生の立場だからこそアドバイスできることがありますので、ご連絡お待ちしております。

エージェント名 MY留学
相談料 初回無料(2回目以降は2万円で質問し放題)
エージェント費用 無料(他社だと10万~40万円かかります)
特典 MY留学経由で入学が決まれば2万円キャッシュバック